バンド初心者の理結とハルさんのバンド入門講座トップ  >  作曲入門講座  >  7日目:5線譜の読み方 -音符の長さ-

7日目:5線譜の読み方 -音符の長さ-

5線譜の読み方の勉強ということで、今回のテーマは「音符の長さ」について。

音楽の授業で5線譜の読み方が分からなかったんで、頑張ります~。

5線譜を見てみると分かるけど、楽譜には音の高さを表す音階と、音の長さを表す音符の長さがある。
音階は5線譜の高さで決まるし、長さは音符の種類で決まる。


音符の長さと高さ

なるほど、音符のそれぞれの長さを覚えるには、音符の種類を覚える必要があるという訳ですね。


音符の種類と長さ

5線譜に出てくる音符の種類としては、全音符、2分音符、4分音符、8音符などがあるよ。


音符の種類 名前 長さ
全音符 全音符 1小節に1つ(4/4拍子の場合)
2分音符 2分音符 全音符の半分の長さ
4分音符 4分音符 2分音符の半分の長さ
8分音符 8分音符 4分音符の半分の長さ
16分音符 16分音符 8分音符の半分の長さ

音の長さは4分音符を基本に考える

上の表のように、いろいろな音符の種類があり、それぞれの長さを覚えるのは以外と大変。 そのため、4分音符を基準に考えるようにすると覚えやすい。


理由その1:全音符=4分音符×4の長さでしかない

え、全音符じゃなくていいんですか?
全音符だと、1小節に1つしか入らないから分かりやすいような。。

いいところに目を付けたね。
だけど、全音符というけど、全音符の長さは4分音符の4つ分の長さでしかない。
例えば、3/4拍子の曲だと、全音符を使うと小節の長さよりも長くなってしまう。
それなのに全音符っていうのもなんかおかしいでしょ?


全音符 4分音符 4分音符 4分音符 4分音符

↑ 全音符は、あくまで4分音符×4個分の長さ


理由その2:バンドやメトロノーム、BPMは4ビートで刻まれる

もう一つの理由は、バンドやメトロノームで刻むビートは大抵4ビートだからだ。
4ビートとは、4分音符の間隔でリズムを刻むこと。8分音符なら8ビートだね。

バンドの最初のカウントは99%が4カウント(4分音符×4)で入る。 メトロノームも基本的には4ビートでリズムを刻むよね。


BPMについて

また音楽で曲の早さをしめす数値で、BPMというのがある。
よく楽譜の最初の方に書いてあるやつね。

↓ BPMの参考画像

4分音符 120 

これは「Beat Per Second」の略称で1分間に何回4分音符を刻むのかと示している。
バンドスコアの楽譜やDTM、メトロノームなどの曲の早さはほぼ全てがこのBPMで書かれていることからしても、 「リズムの基準は、4分音符」と捉えてしまった方が分かりやすい。


4分音符を基準にした他の音符の長さ

4分音符を基準にして、他の音符の長さを見てみると、下記のような感じになる。


音符の種類 名前 4分音符を基準にした音符の長さ
全音符 全音符 4分音符×4個分
2分音符 2分音符 4分音符×2個分
4分音符 4分音符 4分音符×1個分
8分音符 8分音符 4分音符×1/2個分
16分音符 16分音符 4分音符×1/4個分

だから、4拍子でリズムをとって、1拍で音が2回なれば8分音符の長さ、4回なれば16分音符の長さ、2拍で1回音がなるなら2分音符ということになる。
曲作るときに、自分の考えたメロディの長さが分からなければ、4分音符を自分でリズムをとって、 メロディを口ずさんでみると、メロディのそれぞれの音の長さが分かりやすくなるよ。

なるほど、やってみます!
これをやっていると、リズム感もつきそうですね。

そうだね。
音符の長さを理解すると、リズムの意味が分かるからリズム感は確実に向上するよ。




付点音符

楽譜を見ていると、音符の右に小さい点がついていることがあるよね?

例)4分音符の付点音符

4分音符の付点音符

あー、あのかわいいやつですね。

かわいい・・・まぁ確かにそうかもね。
あれは「付点音符」といって、その音符の1.5倍の長さを表しているんだ。
だから、4分音符に付点がついていたら、8分音符3つ分の長さになる。

ややこしいですね。
2分音符に付点がついていたら、4分音符が3つ分の長さになるということですか?

その通り!
ちなみに付点が2つつくこともまれにある。
これは、もとの音符の1.75倍の長さになる。
例えば、全音符についていたら、8分音符が7つ分の長さということになる。


音符と休符

音符と対をなすもので、「休符」というのがあるよ。
音符は音を鳴らすことに対して、休符は音を出さずにお休みすること。
まぁ、名前の通りだね。


休符の種類 名前 同じ長さの音符の種類
全休符 全休符 全音符
全音符
2分休符 2分休符 2分音符
2分音符
4分休符 4分休符 4分音符
4分音符
8分休符 8分休符 4分音符
8分音符
16分休符 16分休符 16分音符
16分音符

休符は、音符と見た目が違うけど、長さの概念は音符と同じだ。
だから、4分音符と4分休符は長さは同じ。
音符と同じように、付点がつくこともあるけど、これも元の長さの1.5倍になるのは変わらない。
ただ、休符のマークが音符のマークと違うから覚えるのがちょっと大変かもね。
(特に2分休符と全休符の区別が本当につきづらい・・・笑)

もう頭パンパンですよ。。

音符の長さについてはこれくらいかな。。
他にも3連符とかもあるけど、それはまたいずれの機会にしておくね。




◆まとめ

今回の講座『5線譜の見方 -音符の長さ-』

  • 5線譜には音の高さを表す音階と、音の長さを表す音符の長さがある。音階は5線譜の高さで決まるし、長さは音符の種類で決まる。
  • 音符の長さは、「4分音符」を基準として考える方が分かりやすい。BPMやバンド、メトロノームのリズムも4ビートが基本になっていることが多い。
  • 音符の右に点がついている音符は「付点音符」といって、その音符の1.5倍の長さを表しているんだ
  • 音符に対して、音を鳴らさない休符がある。長さの考え方は音符と同じ




お読みいただいた方へ

よかったらクリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加