20日目:ライブ本番の心得

いよいよライブ本番まであと少しですが・・・。

そうだねー。
やっぱり初ライブだと緊張するかな?

はい。
心臓バクバクでちょっとやばいです。

そうだよね。
自分も最初はすごい緊張してたし、お客さんとかいなくていいと思ってた。
でも気づけば、お客さんがたくさんいる方が燃えるようになっていたから大丈夫だよ。

じゃあここでよいライブにするための心得を話しておこう。


ライブの心得①:ミスしても顔に出さない

ライブ本番中、演奏などでミスは出るもの。
その時に失敗しちゃったと苦笑いしたり、やってしまったと顔に出すのはやめよう。
ミスは聴いている方はあまり気づかないし、気づいてもあまり気にしないよ。

だからむしろミスしても表情や仕草は変えずに「もともとこういう曲なんです」と言わんばかりに自信を持ってやろう。


ライブの心得②:初心者でもアマチュアでもプロ意識を持とう

「初心者だから、うまくできなくてもいいや」・・・そんなこと考えているバンドにお客さんの前でライブをやる資格はない。
初心者バンドだろうがアマチュアバンドだろうが、ステージに上がれば、プロであるということを自覚しよう。

何故か?

お客さんは、チケット代を払ってライブを見に来ているからだ。
高いチケット代を払って、時間を使って見に来たのに、気合の入った演奏をしていなかったらどうだろうか?
・・・正直、見に来たことを心底後悔すると思うよ。
そして、おそらく二度と見に来てくれない。

うまい演奏が出来たか?よいライブに出来たか?
という次元の話じゃなく、まずは姿勢・意識の問題。

たとえ、チケット代がかからなくても、お客さんの時間と交通費をいただいていることをしっかり胸に留めておこう。
初心者だろうが、アマチュアだろうが、ステージに上がれば、プロなんだというプロ意識を持とう。


ライブの心得③:まずは自分が楽しもう

ライブはお客さんを楽しませるものだけど、その前に自分たちが楽しむことが何より大事だ。
自分達が楽しくないものはお客さんも楽しく感じられない。

ミスとか失敗してもそれすら楽しむというくらいの心意気でいよう。
「音楽」なんだから、楽しまないとね。
演奏とかがどうであれ、すごい楽しそうなバンドの演奏を見ていると、見ている側も楽しい気持ちになる。
お客さんと楽しいを共有するために、自分たちが誰よりも楽しもう。


ライブの心得④:自分達を卑下するMCは絶対NG!

MCで「聞き苦しいかと思いますが…」といったMCをよく耳にするが、あれは絶対にNGだ。
自分達のことを知らないお客さんもいるが、自分たちのことを楽しみにしてくれるお客さんもいるかもしれない。
それなのにそんな自分達を卑下するようなことをいうのは、そのお客さん達に「聞き苦しい僕らの演奏を聴いてくれるとは、なんて物好きだ」と言っているのと同じだよ。
そんな失礼なことは絶対にしてはいけない。

卑下ではなく、自虐的なギャグはいいと思うけど、その線引きが分からない場合はそれもやめといた方が無難ではある。
自分達を見に来てくれたお客さんが不愉快になるような言動は慎もう。


ライブの心得⑤:バンドメンバーと力を合わせて最高のライブを

ライブは一人でやるんじゃない。
バンドメンバーとやるんだ。
今までずっと練習してきた仲間が、すぐ隣にいる。
不安になったり、緊張したら周りを見てみよう。
バンドメンバーと目があえば、一緒にライブを作り上げている仲間がいることを実感する。

バンドメンバーと力を合わせて、自分たちの全てを出し切ろう。
そうしたら、きっと最高のライブになるはずだ。


なるほど。。
心を聞いていたら、なんか緊張が解けてきて、やってやろうと気合が満ちてきました!

ここまで、みんなで一緒に頑張ってきたんだ。
ライブ後に、最高の笑顔になれるように頑張ろう!




◆まとめ

今回の講座『ライブ本番の心得』

  • ミスしても案外気づかれないもの。そういう曲だと言わんばかりに堂々と演奏しよう
  • 初心者でもアマチュアでもお客さんからお金や時間を頂いているというプロ意識を持とう
  • お客さんを楽しませるために、まずは自分たちが楽しもう
  • 自分たちを卑下するMCは控えよう
  • バンドメンバーと力を合わせて最高のライブにしよう




お読みいただいた方へ

よかったらクリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンド入門講座コンテンツ

初めてのバンド活動編

音楽スタジオ練習編

ライブ出演編

バンドのまとまり~脱・初心者編~

ちょっとした疑問編

オリジナルバンド編

バンドメンバー編

レコーディング編

客観視点編

主催ライブ編

考えるバンドマン編

個性的なバンド編

悩めるバンドメンバー募集編

バンド構成編

動くバンドマン編

困ったバンドメンバー編

バンドとは何か編

バンド講座番外編