バンド初心者の理結とハルさんのバンド入門講座トップ  >  バンド入門講座一覧  >  28日目:バンド名の決め方・考え方は?

28日目:バンド名の決め方・考え方は?

そういえば、バンド活動をしていく上でバンド名って決めないといけないですよね。

そうだね。
バンド名を決めるのって実は意外と大変だ。
今回はバンド名の決め方や考え方について話そうか。


バンド名は実は非常に重要

バンド名は、バンド活動において実は非常に重要な要素である。
バンド名はつまり自分達をことを文字で表現したものである。
これを妥協して決めてしまうと、バンドへの愛着とかモチベーションに影響することもある。
自分たちが誇りを持って名乗れるような素敵なバンド名を考えよう。


バンド名を決めるおすすめの流れ

バンド名の決め方はいろいろあるし、バンドによっても違う。
決め方・考え方の参考としてバンド名を決めるおすすめの流れを説明しよう。

まずはどんなバンド名にしたいか

まずはどんなバンド名にしたいかを考えてみよう。
一口にバンド名といっても、かっこいいバンド名、かわいいバンド名、なんだかよく分からないバンド名といろいろな方向性がある。
自分たちのバンドの世界観と相談して、どういう方向性のバンド名にしたいかを決めよう。


使いたい言葉を並べてみよう

バンド名の方向性が決まったら、次はバンド名として使いたい言葉を並べていってみよう。
出来れば、メンバーみんなでいろいろな言葉を出し合って考えるのがよい。
そうすることで、一人が挙げた言葉を気に入った他のメンバーがそれをインスパイアして、さらにいい言葉を考えだすかもしれない。
まずは「絶対にこの言葉は使う!」といったように決めつけないで、柔軟な発想のもと、バンド名の一部になるかもしれない言葉を並べよう。


バンド名の原型を決めよう

たくさん並べた言葉の中から、バンド名の原型となる言葉を決めよう。
理屈とかではなく、直感に頼って決めた方がうまくいくことが多かったりする。
とりあえず、バンドメンバーみんなが納得する言葉を選ぼうね。


最終的なバンド名を決めよう

原型となった言葉から最終的なバンド名を決めよう。
言葉を一部いじったり、バンド名の由来を後付けしたり、言葉を組み合わせたりして、最終的なバンド名を考えよう。

不思議なことではあるけど、なぜか直感的に「これだ!」というバンド名が浮かぶことがあり、その直感を感じると、他のバンド名にすることに違和感を感じる。
そういう時は、迷わず直感を信じて、浮かんだバンド名に決定しよう。




バンド名を決める際のポイント

かっこよかったり、かわいかったり、センスの良いバンド名があれば、またその逆もある。
どうせなら、良いバンド名にしたいはず。
ここでは、バンド名を決める際のポイントを紹介しよう。

良いバンド名

  • 造語のバンド名
  • 略せるバンド名

悪いバンド名

  • 個性のないバンド名
  • 言葉にするのが恥ずかしいバンド名
  • 既に存在するバンド名

○:造語のバンド名

造語とは、実際にある言葉ではなく、言葉をもじったり、響きを変えたりした言葉。
バンド名に造語を用いることは非常におすすめする。
インターネットでバンド名を検索する際に、オリジナリティがあるんで、一番上に来やすい。

また、バンドに人気が出てきた場合に、ファンの間で由来が気になるようになってくる。
ファン同士で盛り上がれる要素になったりもするので、造語のバンド名はおすすめ。
それに造語っていうとクリエイティブで一見かっこいいと思われることもあるかもね。

○:略せるバンド名

バンド名は長すぎると、非常に覚えづらいのだが、略しやすいバンド名だと長くてもあまり気にならなくなる。
略すことで、覚えやすいうえに響きがかっこよかったり、かわいかったりすると、バンドメンバーもファンもバンド名に愛着がわくはず。


×:個性のないバンド名

よく「山田バンド」とか「佐藤バンド」とかいうバンド名を耳にするけど、正直おすすめしない。
まず汎用的でありふれているバンド名を聴いてもカッコよくない。

それに普段耳にするような名前の場合は、イマイチ覚えづらい。 せっかく自分たちだけのバンドなんだから、個性的なバンド名を考えよう。


×:言葉にするのが恥ずかしくなるようなバンド名

ライブの時とかにバンド名の紹介は必ずと言っていいほどある。
決めるときの勢いに任せて、言葉にするのが恥ずかしくなるようなバンド名は避けよう。

放送禁止用語が入っているようなバンド名は特に気をつけよう。
ライブのMC、セッティング表、ライブハウスのホームページ、誰かのブログやツイートといったように、どこにそのバンド名が載るかは分からないからね。
黒歴史は残したくないようにしたいね。

×:すでに存在するバンド名

当たり前かもしれないけど、すでに世の中に存在しているバンドと同じ名前にするのは避けよう。
これには、いくつか理由がある。

検索結果で表示されづらい

インターネットでバンド名を検索した時に、バンド名が重複していると、自分のバンドが上に来るかは分からない。
そのため、ライブ後などにせっかく自分達を探してきてくれたお客さんが、実は他のバンドのホームページを見てしまうこともある。

バンド名にはオリジナリティを

やっぱり自分たちのバンドなんだから、オリジナリティが大事だよ。
それにもし、同名なバンドが大ブレイクしてしまったら、自分たちのバンドは「真似した」とも思われかねない。


以上のことから、いくら格好良くても、重複したバンド名はやめよう。
バンド名を決定する前に、必ず一度インターネットで検索してみよう。


余談:バンド名メーカー

実は、バンド名を勝手に考えてくれる「バンド名メーカー」というサイトがある。
どうしてもバンド名決めが煮詰まってしまった際には使ってみてはどうだろうか?
何気にカッコいいバンド名やかわいいバンド名、面白いバンド名が出てきたりすることがある。

『バンド名メーカー』

暇つぶしやアイデア探しでこういったサイトさんを利用してみるのも面白いかもしれない。
ちなみに、リンク先のサイトで当サイト「初心者理結とハルさんのバンド入門講座」のバンド名を入力したところ、 「鶏肉BREAKERS」でした。。(笑)

【メール便なら送料無料】本気でバンドを仕事にしたい人へ/(株)リットーミュージック

価格:1,512円
(2014/4/21 00:03時点)




◆まとめ

今回の講座『バンド名の決め方・考え方は?』

  • バンド活動においてバンド名は非常に重要。メンバーみんなが誇りを持って名乗れるような素敵なバンド名を考えよう
  • 造語のバンド名、略せるバンド名はバンド名として良いが、既に存在していたり個性のないバンド名はNGだ
  • バンド名を考えたら、すでにそのバンド名が存在していないかをインターネットで検索して確かめよう

合わせて読みたい講座




お読みいただいた方へ

よかったらクリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンド入門講座コンテンツ

初めてのバンド活動編

音楽スタジオ練習編

ライブ出演編

バンドのまとまり~脱・初心者編~

ちょっとした疑問編

オリジナルバンド編

バンドメンバー編

レコーディング編

客観視点編

主催ライブ編

考えるバンドマン編

個性的なバンド編

悩めるバンドメンバー募集編

バンド構成編

動くバンドマン編

バンド講座番外編

▲ページトップへ