バンド初心者の理結とハルさんのバンド入門講座トップ  >  バンド入門講座一覧  >  51日目:音楽教室・スクールの選び方と良い先生の見極め方

51日目:音楽教室の選び方と良い先生の見極め方

前回、音楽教室・スクールに通うことについての話をしてくれましたけど、 良いスクール、良い先生と巡り合うためにはどうすれば良いのでしょうか?

そういえばそういう話はしなかったね。 今回は良い音楽教室の選び方や良い先生の見極め方について触れていこうか。

音楽スクールは良い先生と出会えるかがポイント

スクールに通うか否かという話で重要なポイントは「良い先生」と出会えるかどうか・・・という話はしたよね。 ところで音楽スクールでいう良い先生ってどんな人だと思う?

・・・熱心で、丁寧に授業を進めてくれる先生ですか?

良い先生とは、生徒の能力を伸ばす先生

自分が思うに、教本を進めることを教える先生は良い先生ではないと考えている。 音楽スクールでの授業では大抵、教本というものがあるが、それを進めることが音楽教室の本来の目的ではないはずだ。

教本を進めることでうまくはなるけど、そんなに単純な話ではない・・・ということですか。

良い先生とは、教本の曲を弾いていく中で、その人自身の長所や短所はもちろん、ライブや音作りのノウハウといった譜面からは見えない経験を伝えてくれる先生だ。 杓子定規に教本を進める先生だったら、教本もらって一人でやっていても変わらない。

音楽スクールの最大の魅力は、プロの技術・経験・センスを生徒が吸収できるチャンスを与えてくれるところだと思う。 だから、教本がいかに進んだのかとかそんな話は、音楽教室の授業において、それほど重要な問題ではないんだ。

確かに、楽譜見て弾けるようになるだけなら、独学でも頑張れば出来ますね。

そうでしょ? だけど独学だと実際の現場のしきたりとか空気感は分からないし、本当にうまい人の演奏を見ることも少ない。 そして、やっぱり独学だと基礎の柱の部分の習得が難しく、悪い癖がついたりすることもある。 それを矯正して、骨太なバンドマンになるための教えを示してくれるのが、スクールに期待するべきことなんだ。



良いスクールの選び方とは?

では良い音楽教室の選び方とは何でしょうか?

とりあえず、「マンツーマン指導」であることと、自分の家から近い距離にあって、費用が無理なく出せるとこじゃないかな。

良い先生がいっぱいいるスクールとかは教えてもらえないのですか?

良い先生と出会えるかは運次第

どんなスクールにも良い先生もいて、そうでない先生もいるもの。 それは音楽スクールという括りでは判断できないからね。 自分も音楽スクール通っていたけど、自分にとって大きなプラスになって先生もいたけど、そうでない先生もいた。 要は運しだいってことだね。

音楽スクールは大抵、無料体験レッスンをやってくれるところも多い。 まずはそこを受けて、その時の先生の印象で選ぶのがよい。 とりあえず、無料体験レッスンをやっていて、幅広い地域に展開しているスクールを紹介しておくね。

音楽教室の一覧

比較的知名度の高く、幅広い地域に展開している音楽教室をリストアップ。 いずれも無料体験レッスンを行っているので、音楽教室を検討しているならまずは無料体験レッスンを受けておきましょう。

ヤマハ音楽教室
大手の音楽教室で全国各地にある。知名度は抜群で音楽をやったことない人でも耳にしたことはあると思われる。
ヤマハ音楽教室
新堀ギター
神奈川県の藤沢を拠点にしている音楽スクール。筆者も昔通っていました。ギターだけでなく様々なパートを取り扱う
新堀ギター
シアーミュージックスクール
北海道から九州まで全国展開しているスクール。フリータイムで予約できたり、無料での個人練習ができるなどがポイント
シアーミュージック

料金比較表


ヤマハ 新堀 シアー
入学金 ¥4,000~
(テキスト、レパートリー各¥2,000~)
一般¥10,800(税込)
/学生・未就学児¥6,480(税込)
¥10,800(税込)
80%オフキャンペーン実施中
月謝 ¥9,500~
(コースにより異なる)
¥10,800 ¥10,800
コマ割 30分×3回/月 30分×3回/月 45分×2回/月

※エレキギターでのレッスンで月90分を想定しています。
※教室によって一部料金が異なります。
※この表は2014/10/19時点での表になります。詳細は各ウェブサイトをご確認ください。

こうして見るとヤマハ音楽教室がリーズナブルだね。 シアーミュージック の45分×2回はなかなか効率が良いと思う。空いた時にはブースで練習できるのは魅力だね。




◆まとめ

今回の講座『音楽教室の選び方と良い先生の見極め方』

  • 良い先生とは、生徒の長所や短所、ライブや音作りのノウハウなど、譜面には表れないポイントを伝授してくれる先生だ。
  • 独学だと実際の現場の感じなどは分かりづらいし、変なクセがついてしまうこともある。それを正してくれるのも良い先生の条件だ。
  • 良い先生に出会えるかは運次第だ。そのため、無料体験レッスンは必ず受けて、先生の印象を確認しよう。




お読みいただいた方へ

よかったらクリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンド入門講座コンテンツ

初めてのバンド活動編

音楽スタジオ練習編

ライブ出演編

バンドのまとまり~脱・初心者編~

ちょっとした疑問編

オリジナルバンド編

バンドメンバー編

レコーディング編

客観視点編

主催ライブ編

考えるバンドマン編

個性的なバンド編

悩めるバンドメンバー募集編

バンド構成編

動くバンドマン編

困ったバンドメンバー編

バンドとは何か編

バンド講座番外編

▲ページトップへ