22日目:ドラム・ベースの役割

こんにちは、ハルさん。

お疲れ様。
初ライブも終わったことだし、これからはバンドのより深いところに触れていこうか。
つまり、もっと上のバンドを目指す上でどうしていくかという話だね。

はい、よろしくお願いします!


各パートには役割がある

バンドの各パートにはそれぞれ、役割があるんだ。
これを理解することがバンドの上達のためには欠かせない。

バンドの各パートの役割ですか?
ボーカルは歌を歌って、ギターとベースはそれぞれ楽器を弾いて、ドラムはドラム叩くんじゃないんですか?

その通りなんだけど、バンドという一つのサウンドを演奏する際にそれぞれのパートがどのような役割のもっているかということ。
同じバンドでも、パートが違えば、音も違うし、リズム刻むだけのパートもあるしと、全然違うことをやっているよね。
別に同じことやっててもいいのに、違うことをやっているということはそれぞれに役割・意味があるからなんだ。

なんだか哲学的な話に感じますね。

全然そんなことないよ。 それじゃあ各パートをサッカーの例に例えながら、解説してみよう。
今回はドラムとベースの役割を説明するね。


ドラムの役割とは?

バンドのリズムを担うバンドの大黒柱

まずドラムはバンドのリズムを担う非常に重要なパート。
サッカーでいえば、ゴールキーパーだ。
ゴールキーパーがいないとどんどん点を入れられて、チームはボロボロになるよね?

それとまったく同じことがバンドでもいえる。
ドラムがバンドのリズムをコントロールして、バンド全体を見てくれているからこそ、他のパートは思う存分演奏できる。
まさに大黒柱的な役割だ。
ドラムがうまいと他のパートが微妙でもバンド全体が締まって見えるよ。

バンドのリズムをコントロールしているということは、それが乱れてしまうと他の演奏陣に与える影響は非常に大きい。
それだけに責任重大だけど、やりがいのあるパートだね。

ドラムのポイントはリズムの正確性

ドラムのポイントはとにかくリズムの正確性。
8ビート、4ビートをいかに一定のリズムで刻むことが出来るかがポイント。
そこが揃えられないと他のメンバーも合わせづらいし、バンド全体が下手に聞こえてしまう。
何度も基礎練習を繰り返して、性格なリズムキープが出来るようにしよう。
ぶっちゃけていってしまえば、せっかくの格好いいドラムのリフも、リズムがしっかりしていないと台無しになってしまう。

バンドの盛り上がりもコントロールする

それから次にバンド全体のダイナミクスもコントロールする必要がある。
ダイナミクスとは分かりやすくいうと強弱だね。
1曲の中で抑えるところは抑えて、盛り上げるところは目いっぱい盛り上げる。
それが一番目に見える形でつけれるのがドラムというパートだ。




ベースの役割とは?

ドラムと共にバンドの基盤を作る

ベースはドラムと共にリズムを刻むこれまた重要なパート。
サッカーでいうと、ディフェンスだね。
キーパーだけじゃ失点は防げない。ディフェンスがしっかり守備をしていないとね。

ベースもドラムと同じようにリズムを担う役割だ。
あくまで主導権はドラムにあるけど、それを影からサポートする、地味だけどなくてはならないけど縁の下の力持ちのような役割だ。

ポイントはリズムとダイナミクスの正確性

ベースのポイントは、やっぱりリズムとダイナミクスの正確性。
ドラムでは、ダイナミクスの変化をつけていたけど、ベースはその逆で、強弱はつけるべきではない。
常に一定の音量で一定のテンポでバンドのリズムを支える必要がある。

バンドのノリをコントロールする

代わりにベースはリズムのダイナミクスとでもいうべき、音の伸ばし方・切り方、つまりはゲートタイムをコントロールすることで、曲に表情・ノリをつけることができる。
ゲートタイムとは音の鳴っている時間のことだ。
ドラムが音の強弱をつけるのに対し、ベースは音の鳴らす時間で曲の雰囲気、ノリをコントロールする。
8ビートを刻むのでも、次の音まで鳴らし続けるのと、スタッカートのように短く切ってリズムを刻むのでは、曲の雰囲気・ノリは大きく変わってくる。

すごい細かい技術が要求されるベースはまさに玄人向け。
派手ではないけど、うまく弾ければ一番かっこいいパートだと個人的には思っている。

ベースは音の厚み・音圧を提供する

またベースはバンドの音圧を提供する役割を持っている。
ベースはギターのコードみたいに複数の音を同時に鳴らすことはない。
だけどたった一つの音でギターの何倍もの音圧をバンドに与えてくれる。
コードを弾いていないのに、コードを弾いているような音の厚みはまさしくベースの特権だ。


ドラムとベースはバンドのお父さんとお母さん

ドラムとベースはバンドのお父さんとお母さんと言われることが多い。
これは、ドラムとベースがバンドの基盤を作って、その中でボーカルやギター、キーボードが思う存分演奏できるからだ。
またベースとドラムは2つで1つ。
共に助け合って、支え合って、バンドのレベルを押し上げていこう。

ドラムとベースのノリはグルーブともいわれる

また、ドラムとベースの2つが混ざり合って、ノリを形成することをグルーブと言われる。
確かな定義という訳ではないが、実際に呼吸のピッタリあったドラムとベースの演奏を聴いていると、感じ取れると思う。
二人のノリが絶妙に絡み合って、共に互いの存在感を高め合っている様子はまさしくグルーブだ。
ドラムとベースの人は、グルーブを感じさせられるような演奏を目指して協力し合って頑張っていこう。




◆まとめ

今回の講座『ドラム・ベースの役割』

  • バンドの各パートには役割があり、それを理解することがバンドの上達に繋がる
  • ドラムはバンドのリズム・盛り上がりをコントロールするバンドの大黒柱の役割
  • ドラムはとにかくリズムの正確性を極めよう
  • ベースは、バンドの音圧、リズムを影ながら支える縁の下の力持ち
  • ベースは音量は変えずに、音を伸ばしたり、切ったりしてバンドにノリをつける
  • ドラムとベースはバンドのお父さんとお母さん。二人でバンドの基盤を作ろう




お読みいただいた方へ

よかったらクリックをお願いいたします。
運営のモチベーション向上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンド入門講座コンテンツ

初めてのバンド活動編

音楽スタジオ練習編

ライブ出演編

バンドのまとまり~脱・初心者編~

ちょっとした疑問編

オリジナルバンド編

バンドメンバー編

レコーディング編

客観視点編

主催ライブ編

考えるバンドマン編

個性的なバンド編

悩めるバンドメンバー募集編

バンド構成編

動くバンドマン編

バンド講座番外編

▲ページトップへ